「第9回あたみ桜糸川桜まつり」のご案内

「あたみ桜」は毎年1月上旬~2月に咲くインド原産の寒桜の一種で、明治4年頃イタリア人によって熱海にもたらされ、その後先人たちの努力により増殖が行われました。

昭和40年に開かれた「花いっぱい運動」で「あたみ桜」と命名され、 昭和52年4月10日(市制40周年記念)に熱海市の木に指定。
同じ枝に、早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、例年一ヶ月以上花が楽しめます。

2019年は1月12日(土)から2月11日(月祝)まで「あたみ桜糸川桜まつり」を開催!
期間中は、ライトアップ、桜茶・お茶のサービス、大道芸、バンド演奏などを実施予定です。

糸川沿いだけでなく、海浜公園や梅園前市道、渚小公園などでもお楽しみ頂けますよ。
開花情報を確認しつつ、お花見にいらして下さい。

[期間]2019年1月12日(土)~2月11日(月祝)
[時間]見学自由 ※ライトアップ16:30~23:00
[会場]糸川遊歩道

▼詳細はこちら
https://www.ataminews.gr.jp/event/208/

▼空室状況はこちら
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/roomcalender/customer/tsukinoakari

ページの先頭へ戻る

空室検索

検索